離婚したい

離婚したい人のための離婚マニュアル

離婚したいけど、どうすればいいのかわからない!
そんなあなたに、離婚についてわかりやすく解説いたします。

 

まずは離婚方法にはいくつか種類があります。

 

離婚 したい

 

@協議離婚:夫婦の話合いで決める。日本の離婚の90%がこの形。
A調停離婚:家庭裁判所に行って、夫婦と調停委員を交えた話し合いで離婚条件を決める。
B審判離婚:家庭裁判所で話し合いの結果、審判官が離婚条件を決める。しかし、納得できない場合は2週間以内に異議申し立てができる。
C裁判離婚:@〜Bで離婚が不成立の場合は、家庭裁判所で裁判をおこしてその判決で離婚条件が強制的に決まる。日本の離婚の1%程度。

 

離婚の種類はわかりました。
ではそれぞれの流れを見てみましょう。

 

協議離婚 

 

夫婦の話し合いで成立する協議離婚の場合は、手間も費用もほとんどかからず離婚届の提出だけで離婚が成立します。
問題なのは、夫婦だけの話合いで済まなかった場合です。

 

調停離婚

 

 

調停離婚が行われるのは、お子さんの親権、養育費のことや財産分与、婚姻費用、不貞の場合の慰謝料などでもめた場合が多いです。
調停員は裁判官ではありませんので、あくまでも双方から話を聞いた状況で妥協案を提示します。

 

このとき、相手の方が話が上手ければ相手の都合の良いように話が進んでしまうことがあります。
話し合いに自信がない人は、弁護士を依頼することもできます。

 

調停離婚でも離婚の同意が得られなかった場合は、さらに審判離婚進みます。

 

審判離婚 

 

審判離婚をしたけれど、どちらかが条件に納得できずに2週間以内に異議申し立てをした場合は、いよいよ裁判離婚になります。

 

裁判離婚までこじれるのは約1%です。

 

裁判離婚 

 

裁判離婚は判決までに約1年ほどかかるため、体力的にも厳しい方法です。
さらに相手が弁護士を付けた場合、自分に不利になる可能性が高まるため自分も弁護士をつけなければなりません。
裁判離婚は、金銭的にも厳しい方法と言えます。

 

ここまでくると「結婚するのは簡単だけど、離婚するのは大変!」と言う気持ちがわかりますね。

 

 

 

 

引越し業者品川